成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

滋賀県立石山高等学校(普通科)(滋賀県)の受験録(2017年度)-合格体験記

滋賀県立石山高等学校(普通科)(滋賀県)の受験録(2017年度)-合格体験記

滋賀県立石山高等学校(普通科)の受験録-合格体験記

川﨑 莉彩さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・光泉高等学校〈Ⅲ類〉 ・大谷高等学校〈バタビアコース マスタークラス〉

わたしの志は、
介護ロボットを作るプログラマーになり、高齢者や障がいのある人たちの介護がもっと楽にできるようにすることです。
私が中学生になった頃、母が介護施設で働き始めました。その時、人を持ち上げるのがとても大変だという母の話を聞き、介護ロボットを使えばもっと楽になるのではないかと思いました。今、介護が必要な人は増えているのに介護ロボットの普及があまり進んでいません。だから私は、コンピューターが得意だということを活かし、介護ロボットを作りたいと思うようになりました。そして、この志に向かって精一杯勉強しようと決めました。

自分を信じて

私は中学三年生の〈夏期講習会〉から成基学園に通い始めました。周りの人が次々と塾に通い始め、自分も塾に行くべきだと思ったからです。その時は学校の定期テストでも四百五十点くらい取れていたため、苦手な数学の成績を上げたいという軽い気持ちで入塾しました。しかし、いざ入ってみると先生に当てられても答えられず、自分の理解できていなかったところが浮き彫りになりました。

このままでは自分の行きたい高校に合格することができないと思い、一年や二年の復習を始めました。私の「行きたい高校」である滋賀県立 石山高等学校に絶対に合格しようという気持ちがこの頃、固まりました。三年生になって最初の進路希望調査では、部活でお世話になった先輩も通っているため石山高と書きました。その後、夏休みにいろんな高校の説明会に行き、やはり自分には石山高が合っていると感じました。秋にはオープンキャンパスで吹奏楽部の練習風景を見学して、より気持ちが強くなりました。

そこからの日々はあっという間でした。目の前の塾の宿題や学校の定期テストの勉強に加えて、塾では学校でまだ習っていないところも学習し、大変でした。その後、しっかりと理解できるよう努力し、二学期の成績は五教科オール五を取れました。しかし、そのことに満足してしまい、あまり「勉強をしよう」という気持ちが湧かなくなってしまいました。

そのまま冬休みに入り、午前中は〈県立入試特訓〉、午後は〈冬期講習会〉が始まりました。毎日朝から夕方まで塾でとても大変でしたが、グループワークなどを通してクラスの人と仲良くなり、楽しく学習することができました。その中で、「つらいのはみんな同じなのだから自分もがんばろう」と思えるようになりました。〈冬期講習会〉が終わってすぐの〈Vもし〉では初めてA判定が出て、偏差値も上がっていたのでうれしかったです。

二学期になり、学校の教室の中も受験だという雰囲気になりました。私は石山高の特色選抜と私立高校の赤本を少しずつ進めていました。また、日曜日には特色選抜の〈直前特訓コース〉で実際の問題と近い問題を解きました。全部で三回ありましたがどの問題もとても難しくて時間も足りなかったため、特色では合格できないだろうとあきらめていました。

二月に入り、赤本をすべて終えましたが、入試で普段通りできるか不安でした。その時母が「受験に落ちても人生が終わるわけじゃないんだからリラックスしてやれば大丈夫」と言ってくれて、受験当日も落ち着いて問題が解けました。

また、京都の私立高校を受験した時、校門で塾のS先生から「英語満点取って!」と激励をいただき、自信を持って受けた結果、合格しただけでなく、特待生の資格ももらうことができました。

その二日前の特色選抜入試では、問題が直前特訓より簡単に感じ、総合問題一と小論文はすべて書き切れました。総合問題二では分からなかった問題もありましたが、全体としてはかなり手応えを感じました。しかし倍率がとても高かったため、受かるとはほとんど思っていませんでした。

だから、中学校の担任の先生から「合格しています」と言われた時は、頭が真っ白になりました。少ししてだんだん喜びがこみ上げてきて、急いで帰宅し、母に報告しました。母はとても喜んでくれ、電話で伝えた父や祖父母もおめでとうと言ってくれました。たくさんの人から祝福され、今までがんばってきて本当に良かったと感じました。

私にはプログラマーになり、介護ロボットを作るという夢があります。まだ叶うかは分かりませんが、それはこれからの自分次第だと思うので、まずは高校での勉強を一生懸命がんばりたいです。

私が石山高校に合格できたのは、最後まで応援してくれた家族や一緒にがんばった友だちがいたからです。そして、特色選抜を受ける気がなかった私にきっかけを作り、合格に導いてくださった成基学園の先生方には本当に感謝しています。受験を終えて、もっと早く成基学園に入るべきだったと思います。

最後に、私を支えてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 

▼もっと見る

若山 雄大くん(2017年)

進学校以外の合格校名

・大谷高等学校〈バタビアコース マスタークラス〉 ・比叡山高等学校〈Ⅱ類〉

わたしの志は、
勉強に興味をもってもらえるぐらい分かりやすく教えられる小学校の先生になることです。
僕は母が小学校の先生であることや、自分自身が人と話すことが好きなので、この職業に興味をもちました。この志のために、僕は学校で勉強が分からないという人に積極的に行き、分かりやすく教えることを心がけました。
これからは、人とうまく話せるコミュニケーション能力を身につけるために、日頃から人と話すことを心がけ、難しいことを簡単にすることも心がけたいと思います。

僕の高校合格への道

僕が成基学園に入るきっかけは、成基学園に入るまで通っていた塾がなくなり、自分だけでは勉強の仕方が分からなかったからです。小学校五年生頃に入塾し、入塾テストというものがあるのを知っておどろいていたのが印象に残っています。

滋賀県立 石山高等学校を選んだ理由は、はじめは母親が通っていた学校だったからなどのなんとなくで選んでいたけれど、模試を受けた結果や、学校説明会などでいいなと思い、この学校をめざしてがんばろうと思いました。

中学三年生になり志望校合格にむけて努力してきたことは、問題の先生の解説で分からないところがあれば、その問題に関するところは全てメモをして、そのメモをヒントにもう一度問題を解くということをして理解を深めることです。また、〈Vもし〉や〈日曜進学教室(日進)〉をしっかり復習することをがんばりました。その時だけ分かるのではなく、ずっと頭に残るようにコツコツじっくりと復習することを心がけました。

〈夏期学習合宿(合宿)〉では自分自身の勉強の力もついたし、全く知らない人と仲良くなり、お互い刺激し合うことができ、メンタル面でも力がついたと思います。

九月に入り〈日進〉が始まりました。はじめから順位があまり伸びず、いつも同じような点数でつらかったです。無意識に楽な方ににげてしまい、寝てしまって夜遅くに勉強していたときに集中がとぎれてしまい、無理矢理勉強を始めたときは、本当にやりたくないと思ったししんどかったです。でも復習して次に復習したところが出たとき解けるようになって、とてもうれしかったし、応用の問題に慣れたことなどから達成感にもつながり、つらいことも乗りこえることができました。

塾でもらったワークや講習のテキストもいろいろな単元が混ざっていて、復習のときにすごく力がついたと思います。

このような、復習をすることによって、まえに分からなかったところが解けるようになったとき、うれしく感じ、勉強の中の喜びをはじめて知ることができました。

年が明け、〈正月特訓〉では同じ石山高を受ける人たちが集まり、切磋琢磨してがんばれたと思います。〈正月特訓〉のテキストは、〈日進〉などの復習のおかげで意外とすらすら解けて、自然と力がついていたことを実感して、少し自信がつきました。

そして特色選抜入試当日をむかえました。塾で特色選抜を受かったらラッキーと言われていたので、とりあえず自分が出せる力を最大限に出してがんばろうと思っていました。校門の前で理科のY先生にカイロとチョコをいただいて、緊張が和らぎ、落ち着いてテストを受けることができました。

結果発表の日、まさか特色選抜で合格すると思っていなかったので、中学校の先生に言われた、おめでとう、はとても印象に残っています。合格と聞いたとき、本当にうれしかったし、正直びっくりしました。また高校受験が終わるという実感が全くありませんでした。

これから受験をするみなさんへ伝えたいことは、受験に近づくにつれどんどんおいつめられ、しんどくなるけれど、最後まであきらめずにがんばったらきっと大丈夫です。

高校受験で一番感謝したい人は両親です。勉強に必要なテキストなどを買ってもらい、ご飯などの生活面でも本当に支えてもらいました。また、ストレスがたまったときに自分の態度が悪くてもあまり怒らないよう気をつかってくれていたのにも感謝しています。

これから僕は高校生です。文化祭など規模が大きくなり、新しい友だちもたくさん増え、楽しいことがすごく増えると思います。しかし、勉強では、量も増え内容も難しくなり、さらに大変になると思います。また、部活ももっと活動が活発になり、両立が難しくなると思います。でも、受験で身につけたものを活用し、気持ちで負けずに最後までやりとげられるようにがんばります。やると決めたことはしっかりこなし、何事にも計画的にコツコツと取り組んでいきます。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2016年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ