成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

京都市立西京高等学校(エンタープライジング科)(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

洛南高等学校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都市立西京高等学校(エンタープライジング科)の受験録-合格体験記

井上 由理さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・洛南高等学校〈海パラダイム αプログラム〉 ・花園高等学校〈特進Aコース〉

わたしの志は、
医療関係の仕事に就いて、国を超えて人を助けることができる人になることです。
父が医者であるのでその影響もあり、医療関係の仕事に就きたいと考えています。また、得意の英語を生かして人の役に立ちたいという思いもあります。志を果たすために、これまで英語の本を毎日読んだり聞いたりと、頭だけでなく体で覚えることを心がけてきました。志に向けて、これから英検準一級や一級に挑戦していきます。また、資格もしっかり取れるように他の科目にも力を入れます。得意教科を増やせるようにがんばります。

進路選択という壁を乗り越えて

私は中学三年生の秋頃まで、志望校が一つに決まっていませんでした。自分は高校で一体何がしたいのか、どんな学校生活を送りたいのか。そんなことを考えることもなく、日々を過ごしていました。京都市立堀川高等学校 探究学科群か、京都市立 西京高等学校 エンタープライジング科のどちらを受験したいのかという大きな進路選択の壁が、私の前に立ちはだかっていました。

そのようなとき、私の背中を押しながら見守ってくださったのは、S先生や父、母でした。私には医者である父の影響もあり、医療関係の仕事に就き、国を超えて人の役に立ちたいという夢があります。その夢を尊重し、私に一番合った高校を最後まで一緒に考えてくださいました。その結果、人とのコミュニケーション力や、いつか第二の母国語になるかもしれない英語は、今後重要になってくると思い、英語に力を入れて、「社会人力」の育成を目指している西京高のエンタープライジング科を受験することにしました。

「先生、私、西京高校エンタープライジング科を受験します。」

と言ったとき、

「よし、じゃあ、これから全力でがんばろうね。」

と言ってくださったS先生の言葉は、今でも忘れられません。たった一言ですが、この言葉のおかげで再スタートを切れたと思います。そして、自分のことを応援してくれているんだと思うようになりました。私の父、母も、私の意志で決めた学校に合格できるように、全力でサポートしてくれました。

もう一つ、私の心に残っている言葉があります。それは、T先生に教えていただいた、「冬来たりなば春遠からじ」という言葉です。

これには、寒さの厳しい冬の後には必ず春の季節がやってくるように、苦しいことやつらいことがあると、必ずいいことが待っているという意味が込められています。西京高のエンタープライジング科を受験しようと決めた私の心の中で、絶対合格してやるという思いがより深まった瞬間でした。

とはいうものの、受験は辛いことしかないと言っていいほどのものでした。毎週日曜日に行われる〈日曜進学教室〉では、自分の納得のいかない点数をとってしまったことも、何時間解いても答を導き出すことのできない数学の問題に出会って逃げ出したくなったことも、ケアレスミスをして感情をコントロールできなくなってしまったこともありました。今思うと、なぜここまでがんばってこられたのかと思うほどです。その一因には、自分の弱点をはっきりさせ、前向きに結果を受け止めようと努力したことがあると思います。

私には一つだけ、直すことが難しい弱点がありました。それは、国語です。もともと英語が得意だったので、英語で得点を稼ぐ戦略を立てていましたが、不安な気持ちは治りませんでした。そこで、入試に出てきそうな新書を読んだり、苦手な漢字を毎日勉強したりと、弱点と向き合って、努力しました。苦手克服。これは私が常に頭に入れていた言葉でした。

志望校を決めてから勉強漬けの毎日を過ごしていく中で、欠かさず行っていたことがあります。それは、毎朝一時間十五分は必ず勉強することです。毎朝早く起きることは辛かったのですが、合格したいという気持ちを強く持つことで乗り越えられました。朝は理科、社会を重視し、覚えないといけないものはすべて朝にするようにしていました。これは高校生になっても継続して行おうと思っています。

こうして、あっという間に時間が過ぎ、入試本番の日がやってきました。そして、合格発表の日。合格したとわかったときは、今までがんばってきて良かったという思いでいっぱいで、涙が止まりませんでした。そして、同時に今まで支えてくださった先生方や友だち、家族の顔が浮かんできて、感謝の気持ちを忘れずに高校でも、がんばっていこうと思いました。

これから受験をする後輩に伝えたいことは主に四つあります。

それは、一日一日を大切にしてほしいということ。復習を大切にしてほしいということ。自分の弱点を探し出し、それらを克服して本番に臨んでほしいということ。そして何より支えてくださる先生方、友だち、家族の存在を忘れないでほしいということ。

これらを頭に置いて、がんばってください。応援しています。

 

▼もっと見る

寺島 佑菜さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・大谷高等学校〈バタビアコース マスタークラス〉 ・帝塚山高等学校〈女子英数コース 英数クラス〉

わたしの志は、
誰よりも人のことを思える人になることです。
私は、誰よりも人のことを思える人になって、いろいろな国・人種の人とコミュニケーションをとりたいです。私がこのように思えるようになったのは、高校受験を通して、私自身たくさんの人に支えられて、たくさんの人から勇気をいただいたからです。そのために、英語をより深く学習して、身近な人と積極的にコミュニケーションをとりたいです。

誰にも負けない努力

私は、中学校に入学してから、漠然とした考えで京都市立 西京高等学校に行きたいと思っていました。そのためには、中学一年生のころから一生懸命勉強しなければならないことはもちろん分かっていました。しかし、私は関西大会常連の吹奏楽部に入部しました。それからは、放課後はもちろん土日や祝日、大型連休なども部活に打ちこみ、勉強するのは塾だけという日々が続きました。

そんな私を変えたのは中学二年生の十一月ごろ。当時中学三年生だった先輩方が必死で勉強しているのを見て、「自分はこのままでいいのか。」と考えさせられました。それからは、毎日自習室に通い、西京高に合格できるよう一生懸命勉強しました。

しかし、部活のため〈夏期講習会〉にも参加できず、部活終わり直接塾に行き、勉強しても周りの子たちとの差はどんどん開いていきました。また、吹奏楽部の副部長もしていたため、部活動でのプレッシャーと勉強面での自分のできなさに押しつぶされ、西京高をあきらめようと思っていました。しかし、その時に必死で私を励ましてくれたのが、同じ西京高に合格したHさんでした。Hさんは、とにかく私のそばにいつもいてくれて、たくさん話を聞いてくれました。周りの人からすれば、ちっぽけなことかもしれませんが、その時の私にとってHさんの存在は本当に大きなものでした。

そして、夏休みが終わったすぐ、〈日曜進学教室(日進)〉が始まりました。勉強する分、結果はついてくる、と信じていた私にとって毎回の〈日進〉の成績は目をつぶりたくなるようなものでした。成績が思うようにいかず、落ち込んでいる私に、担任のS先生はいつもアドバイスをくれ、何より私の意見を尊重してくださいました。数学の先生であったS先生は忙しいのにも関わらず、毎回質問に答えてくださり、相談にも必ず乗ってくださいました。そのおかげで、〈日進〉ではリラックスして受けることができました。

それでも思うように成績が出ない…。一番私にとって大きかった壁は凡ミスです。多い時には、五教科合計で三十点近くありました。その中でも数学でのほんの小さな計算ミスが大量失点につながりました。そのために、ランクアップの授業でいただいた、計算問題集を特に必死になって解きました。計算するのが遅く、解く量が少なかった私にとって、その問題集を解くことは自信にもつながりました。

二月。人生初めての入試は帝塚山高等学校でした。〈日進〉の成績で一度も合格ラインにのったことがなく、記念受験として軽い気持ちで受けに行きました。そのため、緊張などもなくいつも通りのコンディションで臨むことができました。終わってからも手ごたえは全くなく、完全に「落ちた。」と思っていたので、女子英数コースに合格した時は、本当に嬉しかったです。志望していた私立高校にすべて合格していたので、西京高を受ける時の大きな自信になりました。ですが、西京高の入試の時は駄目で元々チャレンジする気持ちで行ったので、良い意味でリラックスして受けることができました。当日は一番得意とする英語も全然解くことができず、それからの教科もボロボロだったので、「とりあえずこの時間をのりきろう!」という気持ちだけで解いていたので、西京高に合格していた時は本当に嬉しかったです。

私には、まだ具体的な将来の夢はありません。しかし、高校受験を経験して「誰よりも人のことを思える人になりたい」と思えるようになりました。成基学園の先生方は、本当に園生のことを一番に思ってくれていて、その温かさに何度も救われました。だから、成基学園の先生方がしてくれていたことを、私も誰かに返したいと思えるようになりました。

最後になりましたが、いつも支えてくれていた両親、私の中で一番心強かった担任のS先生、英語科のO先生、数学科のT先生、理科のN先生、社会科のN先生、国語科のI先生、本当にありがとうございました。そして、小学校の時から通った成基学園、私はここで変わることができました。本当にありがとう。

 

▼もっと見る

松浦 真太郎くん(2017年)

進学校以外の合格校名

・奈良学園高等学校〈理数コース〉 ・大阪桐蔭高等学校〈Ⅰ類〉

わたしの志は、
貧困で苦しむ世界中の人々の自立に向けての支援を行い、笑顔にすることです。
ニュースで、貧困により世界には自らの力で問題を解決できずに苦しむ人々がいる事を知った。僕の人生を振り返ると、人のために何かをした時に大きな喜びを感じた事があった。そして、「僕は世界中の人々の力になりたい。」という思いが芽生え、この志を持つようになった。
志実現に向けて、世界中の人々とコミュニケーションを取るために英語をマスターするだけでなく他国の文化や考え方も学んでいきたい。

合格への強い思い

僕は小学六年生の時にトップ高ジュニアコースに入塾した。その頃はサッカーばかりしていて、学校の成績はほぼオール3だった。先生方が自分の事をほめてくださることが素直にうれしく、勉強に対して意欲的になった。また、志シートを書く事で、受験勉強に入る前に、自分の未来を意識できたのは今になって本当に良かったと感じる。中学に入ると、成績はほぼオール5を取れた。体育大会などの行事にも力を入れた。しかし、まだまだ受験を意識することもなかった。しかし、定期テスト前や部活で疲れていても塾には休まずに通った。

そんな自分が大きく変われたのは〈夏期学習合宿〉だった。早朝六時から深夜十二時まで勉強漬けの四日間だった。部活動を引退した僕は、ようやく受験と本気で向き合おうと決め、「自分史上最大の勉強量」を目標に全力で打ち込んだ。仲間の勉強に対する熱心さに強烈な刺激を受けた。一方で、周りの仲間の優秀さに、今の自分で本当に受験に立ち向かえるのか不安を感じた。

その時期、志望校を京都市立 西京高等学校に決めた。三年間自分らしく通い続けられるか、文武両道かという事を重視して選んだ。海外フィールドワークや西京祭などの行事が充実していることも魅力的だった。

志望校を決めてからは、自分の部屋のドアや壁に、目標を書いた紙、中学校で仲間と全力でやり抜いた体育大会の写真を貼り、モチベーションを高めた。

そして、〈日曜進学教室(日進)〉が始まった。気持ちは受験モードに切り替わっていたが、成績は思うように伸びなかった。毎回自分の成績と向き合う事が辛かった。親や先生に悩みを言い出せず、自分がやっている事に自信をなくして、ふさぎこんでしまう時期があった。自分の思っている事が実践できない。もっと勉強しなければならない。ただ焦り、何をやればいいか分からなくなる事もあった。いろいろな教材やプリントに中途半端に手をつけてしまっていた。分からない問題があると深く考えずに解説を写すだけの事もあった。また、日常生活も適当になった。何からも抜け出せない自分と向き合う事が一番辛かった。

この状況を乗り越えられたのは、「俺は絶対に西京に行く」という強い気持ちだった。先生に分からない事を質問すると丁寧にアドバイスをいただき、心がほっとした。そして、自分を一つ一つ立て直していった。それまでは学校の休み時間まで勉強をしていたが、友だちと過ごす時間に変えた。また、自分の部屋を掃除した。こうすることで気持ちを落ち着かす事ができた。

塾の先生方には大変支えてもらった。数学のK先生には問題への取り組み方まで丁寧にアドバイスをいただき、一問一問を大切に自分で考える事を意識できた。英語のM先生は、どんな時でも「大丈夫、君は力のある人だよ」と言ってくださり、おかげで自分の可能性を信じる事ができた。

〈日進〉の成績は最後まで安定せず焦り、苦しんだ。しかし一喜一憂しない事を心がけ、〈日進〉の復習を一番大切にするようにした。やるべき事を絞った事で、焦りは少なくなった。

本番当日、「これだけやったから絶対大丈夫。」と強い思いで臨んだ。しかし、自分の得点源である英語が思うように解けず、落ちるかもしれないと思った。その時、「お前が取れへんかったらみんな取れへん。次の教科に切り替えろ。」先生の言葉を思い出した。そして、「ここであきらめてたまるか。」とにかく悔いの残らないよう、最後まで全力でやり抜いた。

合格発表。共に支え合ってきた仲間と同じ瞬間に喜び合えた事は、一生忘れられない。

一番感謝したいのは家族だ。どんな時もいつも変わらず、温かく応援してくれて、本当にありがとう。

これからの人生の中で、つらいこと、きついこと、投げ出したくなることは今以上に多い。しかし、どんな困難が来ても乗り越える。絶対に夢をかなえたいから。

後輩のみなさんへ。
何度もくじけたり、成績が伸びなかったりしてもあきらめないでほしい。何度でも立ち上がればいい。僕も何度も何度もくじけたり苦しんだりすることがあった。みなさんの努力は結果につながるはずだ。

もし、受験勉強でしんどくなったら、一度落ち着いて周りを見てほしい。家族、塾の先生、友だち、学校の先生…。支えてくれている人がいっぱいいると思う。焦っている時や不安な時は、自分の事で精一杯になる。僕もそうだった。しかし、支えてくれている人に感謝すること事で、「自分だけががんばっているんじゃない」という事に気づけた。

感謝を忘れずに、自分らしくがんばってください。応援しています。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2016年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く