成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

同志社中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

同志社中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

同志社中学校の受験録-合格体験記

永田 よしのさん(2017年)

進学校以外の合格校名

・香川誠陵中学校

わたしの志は、
デザイナーになって、使う人が不自由なく使える物を作って、利用する人を喜ばせることです。
私は小さいころから物を作ることが好きで、将来は、物を作る仕事につきたいと思っていました。小学一年生になったころ、私は世界中のデザイナーが作った家具が置いてある店に行きました。そこで、「使い方がたくさんある椅子」を見て、自分もこのような物を作るデザイナーになりたいと思いました。

努力を最後までやり通す

私が受験をしようと思った理由は、物作りがしたかったからです。私の将来の夢はデザイナーになることで、その動機は、おもしろい形の椅子を見たことです。その椅子を見て、私もこのような物を作ってみたいと思い、その夢に近づくために受験することにしました。

初めは、受験というものがどんなものかあまり理解せず入塾し、入った時期も小学四年生のおわりごろで、みんなよりおくれていました。それでも勉強して、当時の第一志望校のA判定をとりました。その後もオープンテストでは高い判定がもらえました。しかし、それが原因だったのか、逆に私は勉強をしなくなってしまいました。算数のT先生にもしかられ入ったときよりも、勉強する量が少なくなっていることに気づきましたが、それでも、オープンテストの成績を上げるような努力には結びつきませんでした。成績が下がったときはとてもショックを受けましたが、もっと、今までの自分と比べて何がいけないのか考え直してみると、集中力がたりないとわかり、集中できるようにして、また、ある程度の成績がとれるようになりました。

私が志望校を変えたのは、小学五年生の秋でした。母が教えてくれた同志社中学校のホームページを見たことから始まって、同志社中について調べました。私は、同志社中に制服がないというところや、はく製が置いてあるというところにひかれました。しかし、それが私にとっての「難点」だったのです。同志社中は高い判定がとれず、ひどく落ちこみました。そして、自分にどれほど学力がないかがわかりました。それでも、ここであきらめたら志望校を変えた意味がない、はじめは成績が悪いのはあたりまえだと教えてもらい、なんとかのりきることができました。

そのうち、六月になり、〈日曜進学教室(日進)〉が始まりました。〈日進〉のクラスは二組でトップでした。しかし、そのことに私はまた安心してしまい、範囲があるにも関わらず予習をしていきませんでした。そのせいで、次のクラスがえでは一組に落ちてしまいました。自業自得なのに落ちこみ、もうこんなことは二度としない、と口では言ったものの、まだ勉強時間は増えませんでした。

そんな私が自分の本気を知り、変わることができたのは、〈合格達成セミナー合宿〉に行ったときでした。〈合格達成セミナー合宿〉は、勉強に関することは全くしないで、自分の生活をふりかえる合宿です。そこで私は、自分がどれだけ気をぬいて受験と向きあってきたかを知りました。そして、〈合格達成セミナー合宿〉が終わった次の日から、自分はどの科目のどこが苦手かテストを見て考えました。

もう一つの「難点」が出てきたのは小学六年生の秋でした。夏休みの後、たくさん勉強して、〈日進〉のクラスは二組にもどりました。でも、〈日進〉では、同志社中に受かる偏差値には届かず、「あれだけ勉強したのに」と泣きたくなるほどでした。ある程度できると思っていた算数は、一番苦手だと思っていた社会の偏差値を下回り、絶望的な点数でした。正直、そのとき同志社中に受かる自信はなく、受験をやめたいという気持ちが強まりました。でも、そのときに、先生やお母さんが励ましてくれました。そこで遊ぶ日を決めストレスを解消することで、なんとかのりきることができました。

一月に入り、入試に近づいたころ、一番あって嬉しかった講座は、〈直前特訓〉です。学校別で授業をするので、最後の確認として、とても自信になりました。特訓が終わり、当日まであと数日というところでも、私は『ラプラス』をずっとやっていました。少しでも勉強していると不安がなくなるからです。また、自分の志を思い出し、自信を持ったり、志望校の楽しそうな生活を考えてモチベーションを上げたりしていました。入試当日は会場に入っても、先生からもらったメッセージカードを、ずっとながめていました。

入試の数日前に、先生に言われたことが一つあります。「自信は努力から。」この言葉を頭において、私は入試を受けました。合格したときは、とても嬉しかったです。学校でも、友だちや先生がいっしょに喜んでくれました。入試当日、あまり緊張はしませんでしたが、緊張は決してほぐれません。その緊張に打ち勝つのは、努力から生まれた自信です。そして、やると決めたらやり通すことが大切です。最後まであきらめずにがんばっていれば、必ず自分にかえってきます。

今まで教えてくださった先生方、今まで支えてきてくれたお父さん、お母さん、今までいっしょに勉強してきた仲間に、本当に感謝しています。

これからも志に向けて、努力を続けていきたいと思います。

 

▼もっと見る

長瀬 一真くん(2017年)

進学校以外の合格校名

・東山中学校〈ユリーカコース〉

わたしの志は、
乗客に安全で快適な空の旅を提供するパイロットになることです。
ぼくは、昔から乗り物が大好きです。また、再放送で見た飛行機のテレビドラマの主人公であるパイロットがかっこよくてパイロットになりたいと思いました。
ぼくは、昔から乗り物が大好きです。また、再放送で見た飛行機のテレビドラマの主人公であるパイロットがかっこよくてパイロットになりたいと思いました。
志を実現するために、パイロットに欠かせない英語の勉強を努力し続けます。

受験を通して学んだこと

ぼくは、TAMから成基学園に通い始めました。しかし、入塾した時の印象は、小さかったのであまり覚えていません。初めは、小学受験を考えていたのですが、中学受験をすることに決めて、小学校の準備コースに入り、ひらがなの学習から始めました。

ぼくが、同志社中学校を志望校に決めた理由は、学校見学に行った時に、自分が専用教室に行って学習する教材センター方式が気に入ったことです。また、校風が自由で在校生の人たちが楽しそうに過ごしていたことも理由のひとつです。

学校選びで重視したのは校風です。だから自分の目で学校の校風を確かめるために、学校見学会に多く参加しました。

学校見学には成基学園で案内されたものに四年生から六年生まで三回参加しました。同志社中学校が主催した見学会には、六年生の時に参加し、受験への意欲が高まりました。

受験勉強を通して、つらかったことがあります。それは、夜遅くまで勉強したのに次の日は学校があるので早く起きなければならなかったことです。六年生になるまでそんな生活リズムを送ったことがなかったのですが、毎日続けていくことで慣れていきました。

生活リズムの他にも、勉強面でもつらかったことがあります。ぼくは暗記が苦手で、特に理科の暗記に時間がかかってしまいました。もっとも時間がかかったのはこん虫の単元です。五年生の時に、苦手意識がじゃまをして十分な時間をとることができませんでした。そのため、六年生でも苦手なままになっていました。

六年生の夏頃に、「暗記カード」を成基学園からもらいました。理科担当のO先生が、「暗記カード」の解答用紙を作ってくださいました。また、二週間に一回は「暗記カード」のショートテストをしてくださったおかげで苦手単元の暗記ができるようになっていきました。

受けてみてよかったオプション講座は、なんといっても〈夏期学習合宿(合宿)〉です。〈合宿〉では、いつもは勉強していない時間も勉強することができました。自習学習もたくさんあったので自分がしたい勉強に専念しました。特にがんばったのは、『ラプラス』です。算数のN先生に『ラプラス』の★~★★を夏休みの間に、三周解きなさい。特に、同志社中学校を志望する人は『ラプラス』が命なのでがんばってください。」
とはげまされ、受験が終わるまでに七回は解き直しをしました。それとは別に、苦手な単元の復習問題を解いたり、N先生が同志社中学校でよく出されるとおっしゃっていた単元の応用問題にも取り組んだりしていました。

同志社中学校の入試当日、正直、特別に緊張することはありませんでした。朝、友だちとあって緊張がやわらぎました。そして、試験の時にも、ずっと冷静でいることができました。しかし、最後の社会のテストが終わった瞬間から合格しているのか不安がこみあげてきました。

合格通知が届いた時、「合格」と書かれた紙を見て、何がおこっているのか分かりませんでした。その後から、こみあげてくるうれしさと、安心感は今でも忘れられません。

受験を終えた今、一番感謝の気持ちを伝えたいのは両親です。その理由は、TAMから塾に通わせてくれたことです。また、ぼくの毎日のお弁当を作ってくれたことです。ずっとサポートしてくれて本当にありがとうございます。

これから受験をするみなさんに伝えたいのは、受験はそう簡単に乗りこえられるものではないということです。楽しいこともできないし、がまんしなければならないことも増えます。でも、これを乗りこえるときっと楽しいことが山のように待っています。大変ですが、あきらめずにがんばってください。

ぼくは、どんなことがあっても正しいと思う道を進み、何があっても絶対にあきらめない強い心をもって中学校生活を送っていきます。

 

▼もっと見る

吉田 優衣さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・同志社国際中学校 ・帝塚山中学校〈女子英数コース 英数クラス〉
・立命館宇治中学校 ・香川誠陵中学校

わたしの志は、
ホテルで働く人になって、外国から来た人に、日本の文化のすばらしさを伝えることです。
この志を立てたのは小学三年生のときでした。私がホテルに宿泊したとき、やさしくていねいに接してくださったことが私の夢になったきっかけです。この志を果たすために、これまで日本の文化を知るために社会の日本の歴史を特に力を入れて勉強しました。これからは、外国人とコミュニケーションするので、特に英語や世界の国々の文化、マナーなどを学びたいです。

夢への出発地点

私が成基学園に入塾したのは小学三年生の時で、中学受験コースに入ったのは小学四年生のときでした。みんな真剣に勉強に取り組んでいて落ち着いているという印象でした。

四年生のときは、授業を受け宿題を提出日までにきちんとするくせをつけました。この習慣は六年生になっても続いたので良かったと思います。

私の第一志望校合格へのカギとなったのは五年生のときです。六年生になると授業の時間や日数が多くなる上に、宿題の量も増えると聞いていたので、まだ時間に余ゆうがある五年生のうちに習ったことすべてを理解しようと思いました。分からないところは各教科の先生に質問したり、授業の復習をしたり、テストでまちがえたところは分かるまで解き直したりしました。そのおかげで六年生になると周りの人より余ゆうを持って過ごすことができました。

私の第一志望校はこのころからずっと、同志社中学校でした。この学校では英語教育に力をそそいでいて、学校見学では「きれいですべての人が楽しそうだな。」と思いました。このころは第二志望校以下はまだ決めていませんでした。

六年生になると、五年生の時に言われていた通り、宿題の量が増えました。宿題を終わらすだけで精一杯なのにそれから〈日曜練成講座〉と〈日曜進学教室(日進)〉が始まりました。〈日進〉ではほぼ毎週四教科のテストを受け、自分の偏差値をチェックし、分からない問題はその日のうちに解説があり、理解できるのでとても役に立ちました。また第一回から第十回、共通回では総合百位以内に、〈日進〉の〈チャレンジコース〉では総合二十位以内に入るという目標を決めて毎回がんばりました。その中でも一度総合十位以内に入ったので、成基からプレゼントのふせんをもらいました。総合の結果は安定していましたが、国語はどの教科よりも結果が悪く、いつも足をひっぱっていました。宿題をしっかりやっても〈日進〉の直しをやっても、あまり成績がのびなかったので、いつも他の教科でがんばっていました。

私は〈夏期学習合宿〉では六組でした。上から二番目のクラスで、最難関校を受ける人たちと同じクラスでした。六組ではほとんどの人が〈最難関志望校別特訓〉に行っていて自分より頭がいい人ばかりでした。でもせっかくなので六組でがんばることにしました。授業の内容もかなり難しく解ける問題が少なかったのでとまどいましたが、真剣に取り組み最後まで投げ出さずに楽しく過ごすことができました。

同志社中合格に自信を持てた出来事があります。それは〈同志社中オープン模擬テスト〉です。すべてが高得点で、算数は一問しかまちがいがありませんでした。そして総合順位は、三位でした。上に二人もいるのは少しくやしかったけれど、今までにとったことのない順位だったのでうれしかったです。

はじめに私が受験した学校は香川誠陵中学校です。試験の雰囲気や緊張感に慣れるために受験すると決めたのに、全く緊張しませんでした。

そしていよいよ始まった同志社中の試験。前受験と同様、全く緊張せず「入試」という感じがありませんでした。だから、普段過去問を解いているという感じで問題を解きました。結果は二日後に郵送されてきて入試とはちがい、結果を見るのはとても緊張しました。中を開けてみると「合格」でした。「良かったね」と母に言われ、うれしい気持ちでいっぱいになり、家族みんなで喜びあいました。

その他に帝塚山中学校、立命館宇治中学校、四日目に同志社国際中学校を受けました。特に同志社国際中は、受験者数が募集人数よりとても多く、合格できるかとても心配になりました。でも五つの中学校を受験した内、五つとも合格することができたので、とてもうれしかったです。

私が五つすべての中学校に合格できたのは、五年生の時に、六年生の基本となる授業を受け、宿題・復習をしっかりとしたからだと思います。

私が一番感謝しているのは両親です。特にお母さんは、どんな時でもお弁当を作ってくれたり、駅まで送り迎えをしてくれたりしました。両親以外に感謝したい人は先生方です。入試直前は夜遅くまで勉強を教えていただきました。これまで支えてきてくれた、両親や先生方、今まで本当にありがとうございました。

これからは英語をしっかりと勉強したいです。そして英語を話せるようになり、一歩一歩、志に向かって進んでいきたいです。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2016年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ