成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

同志社女子中学校(LAコース)(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

同志社女子中学校(LAコース)(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

同志社女子中学校(LAコース)の受験録-合格体験記

辻村 芽生さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・京都橘中学校 ・花園中学校〈スーパーグローバルZENコース〉

わたしの志は、
一人でも多くの人を笑顔にできる看護師になることです。
この志を立てた動機は何かというと、小学校三年生の時に目のけがをして手術をしなくてはならなくなった時、私は不安でたまらなかったです。しかし、看護師さんが冗談などを言って笑顔にしてくださったので、とても元気がでました。そして、私もこんな仕事に就きたいと思ったので、看護師になりたいと思いました。

諦めずにやるということ

私が成基学園に入塾したのは、小学校三年生の時です。入塾のきっかけは、両親からのすすめでした。もともと両親は私に中学受験をさせたがっていたので、レールがひかれている状態からのスタートでした。

私が三年生のころは成績も良く、調子に乗って授業を真面目に聞いていませんでした。宿題にも手をつけず、やる気になった時にやる、という生活を続けていました。

こんな生活を続けていたせいで、四年生の時に成績がガタッと落ちました。私は一瞬落ち込み、
「これからはきちんと真面目に勉強しよう」
と思いましたが、人間はそう簡単に変われません。また三年生のころに逆もどりです。

さすがに五年生になると
「そろそろ本気を出さないといけないのではないか」
と危機感を感じ、集中して授業を受けるようになりました。五年生からぐんぐん国語の成績が伸び出す一方、算数の成績がどんどん落ちていきました。そのころの私は、
「入試までまだ一年もある。まだまだ大丈夫。」
と思い、まったく対策を立てないままで、六年生に突入しました。そのダラけが後々痛恨のミスのきっかけになるのは、言うまでもないことです。

六年生の春。気持ちを引き締めていたはずなのですが、その気持ちは二週間ももちませんでした。宿題をやるだけで精一杯で、テストの直しや自主勉強などは全くしていませんでした。当時は、面倒臭いことはやりたくない、たとえ将来自分のためだと言っても、面倒臭いと思っていました。しかし、六年の夏、私の考えが変わりました。

六年生の夏。私の人生の中で最も忙しかったと言っても過言ではありません。まず、〈夏期学習合宿〉。朝から夜までみっちり勉強です。こんなに勉強したのは初めてで、とても疲れました。しかし同時に、私の中を満ち足らせた何かがありました。もう一つの合宿の〈合格達成セミナー合宿〉にも行きました。きっかけは、通っている宇治教室で、〈合格達成セミナー合宿〉に行った先輩の目がキラキラしていたので、
「この合宿に行ったら私も変われるかもしれない」
と思い、両親に相談した結果、行く事になりました。
初めは、
「集中力をつけたい」
と思っていましたが、思ったよりも厳しいスケジュールで、自分の全力を初めて知ることができたので、良かったと思います。そこから私の考えは、面倒臭いからやらない、ではなく、面倒臭いから志望校に繋げるんだ、と変わっていきました。

私は成績が良い方ではなく、成績が上がるという事は滅多にないことでした。その時に基本問題をいっぱい解いて、自分を満足させていました。

入学試験当日は、とても緊張して、
「きっと落ちるのだろうな」
という事ばかり頭にありました。しかし、応援に来てくださったO先生と話している内に緊張がだんだんほぐれました。

そして、合格発表の日、私と両親でパソコンの前に並び、ドキドキして胸が破裂しそうになりながら覗き込んだら、
「うわー!」
一〇九五という番号が目に飛びこんできました。とりあえず安心して、泣きそうになりました。

私が感謝したい人は、受験に関わってくださった方全員です。特にずっと私を支え続けてくれた家族と、入塾の時から支えてくださったK先生にはとても感謝しています。

後輩のみなさんへ
私は、受験を通して大切な事を一つ学びました。それは、
「諦めない心」
です。私は、何度もくじけそうになり、やめたいと思いましたがこうして合格できたのは諦めなかったからです。努力していたら、絶対に結果はでます。
努力をして、がんばっていい結果を残してください。

 

▼もっと見る

藤野 綾音さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・平安女学院中学校〈グローバル・ステップ・プラスコース〉
・香川誠陵中学校 ・龍谷大学付属平安中学校〈特進ベーシック〉

わたしの志は、
人を笑顔にできるモデルになることです。
私は人を笑顔にできるモデルになりたいと思いました。なぜこの職業を志したかというと桐谷美玲さんがステージを歩いていくとお客さんが笑顔になっていく所をテレビで見ておどろき、私も人を笑顔にしようと思ったからです。そのため、中学校生活で友だちが困っているときは、助けて気持ちを楽にして笑顔にさせてあげたいです。

粘り強さ

私が成基学園に入塾したのは、小学四年生の夏です。このころは受験のことなど一切考えていなくてテストで平均程度取れていたら大丈夫だと思っていました。五年生では、受験コースに入りましたが一番下のクラスになってしまいました。「絶対上のクラスに上がってやる!!」と思いながら勉強していましたがいざ上のクラスになったとたん気を抜いてしまっていました。そのうえ友だちからの遊びの誘いがくるので断れずに、遊んでしまうことも多々ありました。

そんな時、私に「絶対合格しよう、いや絶対してやる!!」と思わせてくれたのがK先生でした。K先生が毎週返却してくださる宿題ノートに書いてあるメッセージで、やはりがんばろうと思えました。その中で一番心に残っているのが「気持ちを落ち着けて、綾音ちゃんの日々をサポートしてくれる人がたくさんいることを感じて目の前の学習を進めてください。合格できればいい、ではなく自分でつかみとるんだよ、この二年間の受験勉強生活を無駄にはしないようにね。」という言葉です。

私はK先生の言葉を見て「勉強は大変だけれども支えてくれている人もいる。自分もがんばらないと。」と思うことができました。

でも「もう無理かもしれない。」と思うことがありました。それは〈日曜進学教室(日進)〉です。いくら勉強しても偏差値は上がるどころか下がる一方で、合格の可能性が六十五パーセント以上になったことが全くなかったのです。テストの後に解説授業を受けることができたので長時間勉強する習慣が身についた所はとても良かったですが、二十回の〈日進〉でも合格可能性が四十パーセントでしたので合格は無理ではないかと不安に思っていました。

でも私は最後まであきらめずに努力しました。点数を取れる所でできるだけ取れるようにするため、理科や社会の暗記は、全部完璧に覚えられていたと思います。『ファンタスマゴリア』や『暗記カード』、『古今東西』などを使って勉強していると集中力が高まり、いつもは長いと感じていたこともすぐに終わってしまったように感じることが多かったです。

理科と社会の勉強が一通り終わったころに入試日がやってきました。前入試では緊張しなかったのが本番はとても緊張しました。でも入試会場でS先生に「これまでがんばってきたんやし大丈夫や。」と言っていただけて少し緊張が収まりました。そして入試が始まりました。解いて見直しの作業をくり返し、やっと入試が終わりました。少しはほっとしたけれどやはり不安でした。合格しているのかなと合格発表のときまで毎日不安でした。

でも合格できました。自分の番号があったときはとても嬉しかったです。私はすぐに塾に電話し、合格したことを伝えました。するとN先生が「いや、よくがんばった。本当におめでとう。」と言ってくださいました。そのとき、これまでがんばれたのはいろいろな人が支えてくれたからだと思いました。親や成基学園の先生など周りにいる全ての人の支えがあったからこそ私は合格することができました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

私はこの三年間で「努力すれば無理だと思ったこともできるようになる」ということを知ることができました。受験に合格するうえで大切だと私が感じたことは、「気持ち」です。なぜならがんばるぞという気持ちでやればがんばれるし、合格したいという気持ちが強いほど合格に近づけるような気がするからです。

そして最後に、受験をこれからする人に言っておきたいことがあります。それは何度もくじけそうになるときつらいときはあると思います。でもその弱い気持ちに打ち勝って、投げ出さずにコツコツ努力してみてください。

本番では自分がしてきたことを信じて合格したいという気持ちを強く持って全力でぶつかってください。努力は無駄にはなりません。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2016年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ