成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

京都市立西京高等学校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都市立西京高等学校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都市立西京高等学校附属中学校の受験録-合格体験記

梅村 郁音さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・京都女子中学校〈Ⅲ類〉 ・土佐塾中学校

わたしの志は、
検察官になり、罪を犯した人をしっかりと裁き、平和な世の中をつくることです。
私は正義感が強いので、それを生かせる仕事に就きたいと思っていました。検察官を題材にしたドラマでの、被害者の気持ちに寄り添い、真理を追究する検察官の姿を見て、この職に就きたいという思いがさらに強くなりました。この目標を立てた頃から自分の進むべき道が見え、勉強にも意欲的に取り組めるようになりました。これから先も、自分の夢に向かって着実に歩んでいきたいです。

努力は必ず報われる

私が成基学園に入塾したのは、小学四年生のときでした。親に中学受験を勧められていたことと、学校で仲の良い友だちが入塾するということもあり、成基学園に入りました。

入塾したばかりの頃は、新しい環境で勉強できることが新鮮で、うきうきとした気持ちで勉強にはげんでいました。しかし、慣れてくるとその新鮮さはなくなり、模試やテストのたびに、上位クラスの人たちとの学力の差を思い知らされました。私は悔しくてたまりませんでした。この人たちと同じ土俵で闘いたい、その一心でひたすら勉強しました。宿題やテストでできなかった問題を、ていねいに復習することを徹底しました。

その成果は、早くも四年生の夏にあらわれました。通常クラスでは上位に位置することができたうえ、講習会では、「最上位クラスで勉強してみませんか。」というお声もかけていただきました。この出来事が自信につながり、勉強へのモチベーションを高めてくれました。

また、五年生のときに、京都市立 西京高等学校附属中学校のオープンキャンパスに行ったことも、私にとって大きな出来事となりました。当時の私は、親の勧めで西京高附中を目指していただけであり、本心から行きたいとは思っていませんでした。しかし、その考えはオープンキャンパスで一変しました。充実した学習環境のもとで、生き生きと活動されている在校生の方々を見たからです。そのとき、初めて私は西京高附中の生徒になりたいと、自分の意志で思いました。そして、よりいっそう勉強に力を注げるようになりました。

そのかいもあり、五年生の冬には、最上位クラスに入ることができました。入試までの道のりにおいて、一つの目標にしていたことでもあり、私のモチベーションはさらに高まりました。同じクラスになる人たちに負けないように勉強しようと思っていました。

しかし、入ってすぐに最上位クラスの厳しさを痛感しました。私がどんなにがんばってもかなう相手ではないと、簡単にあきらめてしまいました。その結果、六年生の秋頃には、〈日曜進学教室〉でも自己最低点をとるほど成績は下がっていきました。

そんなときに出会ったのが、算数科担当のK先生でした。K先生は私のことを気にかけてくださったので、今まで恥ずかしくてできなかった先生への質問ができるようになり、自習室も積極的に利用できるようになりました。

また、両親と一緒に自分の成績をふり返り、苦手教科の克服をはかりました。私は理科が苦手で、理科を勉強することから逃げているようなところがありました。しかし、そんなことでは志望校に合格できないと思い、考えを改め、塾のない月曜日と金曜日と土曜日の午前中を「理科デー」と決め、理科に立ち向かいました。このような地道な努力を重ね、成績を上げることに成功しました。

そしていよいよ、これまでがんばってきた成果を発揮する入試当日がやってきました。先生や両親のはげましのおかげで、落ちついて入試問題を解くことができました。

入試をふり返って西京高附中の問題を解く上で大切だと思うことは三つです。一つ目は、時間配分です。試験終了間際に、解答用紙が真っ白だと気持ちがあせってしまい、普段なら解ける問題でも難問に見えてしまうからです。二つ目は、失敗を恐れずに書くことです。西京高附中では、記述問題での部分点が重要になります。私は、各教科の先生方から記述対策プリントをいただき、くり返し取り組みました。三つ目は、あきらめないことです。西京高附中では、パターンを全て書いて考えるというような作業力を必要とする問題が出るので、あきらめず、最後までやりきることが大切です。

そしてついに、合格発表の日。自分の受検番号を見つけた途端、せきを切ったように涙があふれ出ました。これまでの努力が報われたと思い、とても嬉しかったです。悲しさ、悔しさの涙ではなく、喜びの涙を流すことができました。

受験という経験を通してわかったことは、成績を上げるには大変な努力と時間を要するのに、勉強をさぼると成績が下がるのは一瞬だということです。これから受験に臨むみなさんには、日々の成績で一喜一憂することなく、努力を続けてほしいと思います。

私が西京高附中に合格することができたのは、生活面でサポートしてくれた家族、勉強面でサポートしてくださった先生方がそばにいてくれたからです。この感謝の気持ちを胸に、これからも勉強をがんばり、司法試験に合格して検察官になります。

 

▼もっと見る

髙橋 晏士くん(2017年)

進学校以外の合格校名

・京都産業大学附属中学校 ・龍谷大学付属平安中学校〈特進アドバンスト〉
・京都学園中学校〈GNコース GN探究クラス〉

わたしの志は、
相手のことを理解できるロボットクリエイターになって大切な人を守れるロボットをつくることです。
いままで、自分を大切に育ててきてくれた、お母さんや周りの人を、今度は自分が守りたいと思い、好きなアニメに出てくるロボットをつくることができたら、みんなを守れると思ったから、この志を立てました。この志にむけて、これから、志を叶えることができるような学校に行けるように、毎日の予習・復習をおこたらないようにしていきたいです。

あきらめない心の大切さ

ぼくが成基学園に入塾したのは、六年生の五月ごろです。ゆっくりとした環境でしっかりとした勉強をしたいと思い、受験することをきめたことが、入塾のきっかけです。そして、先生も、考えていたイメージとはちがい、とてもやさしかったので入ってよかったと思いました。

進学する学校について考えたのも、その時で『ゆっくりとした環境で、しっかりとした勉強をしたい』という思いに、合っていたので、京都市立 西京高等学校附属中学校を受験することを決めました。また、西京高附中について知るために行った、オープンキャンパスでは、学校の先生や、生徒の人が明るく出むかえてくださったので、ますます「この学校に受かって、勉強をしたい!」という気持ちが強くなりました。

塾の模試や統一テストが近づくと、勉強をいつもよりして、模試などでわからない問題をできるだけ少なくするようにしていました。どうしてもおぼえられないものは、空いている時間や学校の休み時間をつかって書きつづけたり、利き手とは逆の手をつかって書いて印象付けたりして、自分なりのおぼえ方を工夫したりしていました。

それでも、模試などで良い結果が出せなくて、順位が低くなってしまった時は、間違えた問題を調べて、原因を理解し、次に同じことが起こらないように間違えない方法を考えるようにしていました。例えば、わからない問題とわかる問題を関連づけて連想して思いだせるようにしました。また、一問でもわからない問題を減らすようにし、合格に一歩でも近づくことができるようにしていました。

そのおかげで、模試などの成績が上がり、「このままで大丈夫かな?」という不安を少しでもなくして、自分の自信につなげることができました。

しかし、入試が近づいてきても、テストなどがないと、あまりやる気にならず、質問も全くしていなくて、宿題も持ってくるのを忘れるなど、全然気が引きしまっていなかったことを先生に面談で言われました。そして、その時に「西京高附中を受験するのをあきらめるか!」と言われ、
あきらめたくなかったので、そこから、他の人の倍ぐらい勉強を必死でして『絶対に受かってやる!』と、手が痛くなって書けなくなるぐらいまで努力をしました。その結果、苦手だった社会の地理単元をマスターすることができ、自分が悔いのないように受験当日を迎えることができました。

受験当日の朝は、ワクワクが止まらず、あまり緊張はしませんでした。また、試験中も、緊張はなく、「絶対受かる!」と強気でいたので、自分が一年間習ってきたことをしっかりと発揮することができました。

試験が終わってからは、結果に対する不安や、終わったことへの安心、結果が気になるワクワクなどの、様々な気持ちでいっぱいで結果発表の日がまちきれませんでした。

結果発表の日、合格発表を見に行って、自分の受験番号があった時、自分が受かると思っていなかったから、喜びとおどろきの気持ちでいっぱいで、夢を見ているような感じでした。

受験を終えて感謝したい人はたくさんいます。

一人目は、お母さんです。その理由は、いつも自分のことを支えてくれて、できないことも全てサポートしてくれて、一番応援してくれていたからです。

二人目は、四条西院教室の先生方です。その理由は、まず、一年間たくさんのことを教えていただいて、また、質問にもわかりやすく答えてくださったからです。

三人目は、友だちです。その理由は、受験が近づいてきたら、「がんばれ!」と応援してくれたからです。

中学受験では、たくさんの人に助けてもらったので、中学校でもこのことを忘れずに恩返しがしたいと思います。

これから受験をする塾生のみなさんへ

受験をすることは、けっして簡単なものではないので、あきらめたりすることなく、自分に自信を持って最後までやり切ることを大切にして、悔いのないようにがんばってください!

 

▼もっと見る

冨田 宗之くん(2017年)

進学校以外の合格校名

・龍谷大学付属平安中学校〈特進アドバンスト〉

わたしの志は、
新しい家電製品作りの開発にたずさわり、多くの人の生活を楽にすることです。
志を立てた動機は、生活をしている中で「もっとこういう物があるといいのに。」と思うことが多く、そのアイデアを活かすことで、新しくて良い物を作ることができると思ったからです。志を果たすために、これまでは身近にある物のメリットとデメリットを観察してきました。これから、物を作るときにどうすれば使いやすいかを考えて、誰でも使いやすい物を世の中に出していきたいと考えています。

努力は報われる

僕が成基学園に入塾したのは、五年生の春です。いつも学校から一緒に帰っていた友だちが受験をすると聞き、自分もしてみたいと思い入塾しました。成基学園では授業のときに積極的に発表をたくさんする人がいたので、学校のような雰囲気で勉強をすることができました。

京都市立 西京高等学校附属中学校は倍率が高く合格することが難しいと聞いていたので、学校でも塾でも合格のために努力をしました。学校では、自習の時間など自由に勉強をする時間があったので、その時に『アインストーン』などのテキストを解いていました。学校の先生も受験を後押ししてくださっていたので、わからないところがあれば聞くようにしていました。塾には自習室があったので、家で集中することができない僕は、毎日塾に通い自習室で勉強をしていました。わからないことがあればすぐに質問することができたので、苦手なところをあまり作らずにすんだことは良かったです。

家庭では、両親に面接の相手役をしてもらいました。面接は、相手に自分の気持ちがうまく伝わらないと意味がないので、相手がいてくれることで弱点がはっきり分かりました。毎日練習をすることによって、自分なりに伝えたいことがうまく表せるようになりました。そして、入試当日も緊張することなくうまく受け答えができたので、努力が実り良かったと思いました。

振り返ると僕は、五年生のころは自習室を使わずほとんど努力をしていませんでした。だから、模試でも良い結果が出ず、教室順位でも五位以内に入ることができませんでした。しかし、六年生になり、このままではまずいと思い、授業のない日でも塾に来て勉強するようになりました。すると最初の西京高附中模試で良い成績を残すことができたのです。判定はBで少し悔しかったですが教室順位は一位でした。それが受験を通して、初めて嬉しかったことです。

逆につらいこともありました。それは、模試で問題を解いている時に同じようなミスをしてしまうことです。特に算数でミスが多く、しっかりと考えればできた問題が多いのです。なぜそのようなミスをしてしまうかというと、模試はいつもと違う場所で受けるのであせってしまうからです。ショートテストの時はあせらずいつも通りに解けるので思うように結果が出せず悔しい思いをしました。だから、模試を受けるときもショートテストと同じように落ち着いて受けてみました。すると、前よりもミスが少なく得点も上がりました。この受験でつらいことを自分で解決する知恵をつけることもできました。

十一月になって、得意だった算数の順位が落ちてきて、自分でもびっくりしました。落ちた理由は、二〇一六年の過去問の算数の得点が自分でもびっくりするほど良い点だったので油断していたからです。その後からは、気を引きしめて算数に時間を割くようにしていきました。そうすることで算数の成績も上がっていきました。

受けてみて良かったオプション講座は、〈洛北・西京・園部高附中練成講座〉です。入試と同じレベルの問題で、しかも先生が解説をしてくださったので力がついていきました。特に国語は実際の入試でも問題量が多かったので、一問に使える時間が少ないです。〈洛北・西京・園部高附中練成講座〉を通じて、問題を早くそして正確に解けるようになりました。そして、模試でも良い得点が取れるようになりました。入試本番では思っていたよりも問題の量が少なかったので、落ち着いて解くことができたことが勝因の一つだと思います。

入試当日は、家を出てからずっと緊張していました。でも、電車の中で塾の友人であるMくんに出会って、気持ちが楽になって緊張がほぐれました。そして、試験のときも緊張はなく、いつも通りの成果を出すことができました。そのときに、塾に行っていなければ、同じ目標に向かえる友だちなどできなかったと思いました。塾に行くことで、知識を身につけるだけではなくかけがえのない友だちを作ることができました。

合格したとき、「四月からは西京でレベルが高い勉強をできる」と思いました。そのときに、それまでの緊張から解放され疲れがどっと出ました。こんなに努力をしていたのだと思いました。

一番感謝したい人は、両親です。面接の練習を手伝ってもらい、勉強をしていないときもしかってくれました。人を支えることは良い事だと思うので、自分も人を支えることができる物を作りたいです。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2016年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ