成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

京都府立園部高校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都府立園部高校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都府立園部高校附属中学校の受験録-合格体験記

河野 裕加さん(2017年)

進学校以外の合格校名

・京都橘中学校

わたしの志は、
小学校教諭になって、子どもたちに学びの楽しさを教えることです。
私は、小学六年生の担任だった先生にとても憧れました。
スピードはとてつもなく速いけれど頭に残る授業は、常に「楽しい」と思えるものでした。また、遊ぶときは思い切り楽しみ、授業などの学びの場では真剣に取り組むというメリハリのついた姿を見て、自分自身も状況に応じた気持ちの切り替えがうまくできるようになりました。
私もこのように、子どもたちにさまざまなことを楽しく学んでもらいたいです。

未来につながる小さな一歩

「お姉ちゃんがしたんだから、私も中学受験をしたい。」
小学四年生の春、それがきっかけで中学受験を決めました。
当時親のすすめや志望校選択を面倒に思ったこともあって難関私立を目指していた私は、それに沿った勉強をしていました。模試でもそれなりの結果を出していました。しかしその頃は、入試まで時間があることの安心感や模試の結果による自信から、家庭学習はせずにただ塾に通っているだけ、という状態が続いていました。

そのような日々を過ごしていくうちに、それまで気にも留めなかった志望校のことについて、真剣に考えるようになりました。国語が得意だということを大いに活かせる学校はないか、と思うようになったのです。その時期から、公立中高一貫校を視野に入れはじめました。理由として何よりも大きかったのは、記述力や表現力、読解力など国語に関わる力の発達に重きを置いていることでした。そのことを知ってから、いつの間にか公立中高一貫校に行きたいという気持ちがとても強くなっていました。これが、六年生に進級する直前のことです。

成基学園に入塾する前の五年生で受けた〈洛北・西京・園部高附中模試〉は、とにかく酷い結果でした。五十にも満たない偏差値が、「次の模試ではもっと良い成績をとってやる!」と私のやる気に火をつけました。

入塾当初は、かなり好調でした。国語のショートテストは常に満点、苦手な算数でも八割程度、点数を取れていました。そこで有頂天になった私は、再びほとんど勉強をしない生活を送ってしまったのです。もちろん成績は下がり、六年生の第一回〈洛北・西京・園部高附中模試〉では、目を覆いたくなる程悪い結果を見ることとなりました。

そこでやっと本気になった私は、ほぼ毎日自習室で勉強をし、わからない問題はすぐ先生に質問してそのままにしないようにしました。その努力のおかげで〈夏期講習会〉の最終テストではかなりの上位で、偏差値は六十五という結果でした。

後期に入ってからは、なかなか勉強がうまくいきませんでした。そんなとき担任のI先生は私に対して、「このままでは志望校合格は難しい」とおっしゃいました。相当ショックを受けましたが、それによって気持ちを鼓舞し、今まで以上に勉強に励みました。

その後、私は受験コース生の参加講座〈日進進学教室〉の〈チャレンジコース〉の受講を決めました。〈日曜練成講座〉の直後にあり、ハードなスケジュールでしたが「もっと自分の実力を知りたい」と思ったのです。

初めは思うように成績が伸びない科目が多く、得意科目と苦手科目の成績の差が大きくなっていくだけでした。それでも諦めず、懸命に勉強に取り組んだ結果、最終回では国語科で全園一位の成績をとることができ、改めて「努力は裏切らないこと」を実感しました。

また、入試まで一ヶ月をきった追い込みの時期からは、面接練習が行われはじめました。この面接の判定は厳しく、悪評価が連続したときは心が折れそうになりました。しかし、そのおかげで当日、あがらずにしっかりと話すことができました。

そして迎えた入試当日、私は正直落ち着いていました。多少は緊張していましたが、メンターの先生方や友だちの顔、びっしりとメッセージの書かれたハチマキを見ると、リラックスすることができました。「いつも通り、模試だと思ってやれば君たちならできる。」、I先生がそうおっしゃったので、それまで積み重ねてきたものを“いつも通り”発揮できました。入試が終わると、感じたことのないくらい大きな手ごたえがあったのを覚えています。

一月十八日、午後二時。京都府立 園部高等学校附属中学校の渡り廊下、『平成二十九年度入学者選抜・合格者番号』と書かれた掲示板の前に立っていました。『〇〇一』。番号が目に入った瞬間、両親と跳んで喜ぶ自分がいました。圧迫感や緊張感から、解き放された瞬間でした。

志望校合格は、将来待っている大きな目標に近づくための小さな一歩に過ぎません。しかし、それと同時に自分の人生にとってとても大きなことでもあります。これから受験をするみなさんもそのことを頭に、全力で臨んでください!

最後に、ずっと支え続けてくれた家族、合格へ導いてくださったメンターの先生方、応援してくれた友だち。本当にありがとうございました。今後も夢に近づくために、前進し続けます。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2016年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く