成功への発信基地「成基」の教育プログラム

人は月、人は種 SEIKI

成基学園の教育プログラム一覧

CONTACT

FREE CALL フリーコール
0120-578380 受付時間10:30-20:00
日曜・祝日除く

メールでお問い合わせ

資料請求はこちら

成基まいくらす

京都府立洛北高等学校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都府立洛北高等学校附属中学校(京都府)の受験録(2017年度)-合格体験記

京都府立洛北高等学校附属中学校の受験録-合格体験記

藤森 幹人くん(2017年)

わたしの志は、
生徒に信頼される数学教師になることです。
ぼくは小さいころから算数が好きで、よく勉強していました。だから、ぼくは算数が大の得意です。ぼくはそれを活かしたいと思ったので、数学教師になることを決めました。数学教師になって数学が苦手な人を減らし、勉強することの楽しさを知ってもらい、世界で活躍することのできる人材を育てることがぼくの志です。そうなるために、ぼくはこれから数学を中心に勉強していきたいと思います。

目標に向かって

ぼくは、五年生のときに成基学園に入塾しました。兄が五年生で入塾していたので、ぼくも五年生になると通い始めるものなのかなと思っていました。ただ、入塾はしましたが、受験について意識することはありませんでした。塾がない日は友だちと遊び、勉強もほとんどしていませんでした。

ぼくは、五年生の間にいくつかの学校を見学し、パンフレットをもらいました。そのとき、京都府立 洛北高等学校附属中学校には洛北サイエンスの授業や、オーストラリアへの研修旅行があることを知りました。オープンキャンパスで科学の実験を見せてもらうなどして、行きたいという気持ちが強まり、第一志望校に決めました。

しかし、六年生になっても生活は変わらず、なかなか勉強に集中できませんでした。そうした中で将来の夢を考えたとき、数学の教師になりたいと思うようになりました。もともと算数が好きだったのと、塾の先生たちが楽しくわかりやすく授業をしてくださるのを見て、ぼくも子どもたちに教える仕事がしたいと思ったからです。そう決めてからは、少し勉強をがんばるようになりました。まず、ぼくが取り組んだのは、ゲームを片付けて、ビデオを消したことです。そして、友だちと遊ぶ回数も減らして、勉強に集中するようにしました。

〈日曜進学教室(日進)〉の〈エントランスコース〉が始まると、ぼくの順位は六十位前後でした。しかし、算数以外は悪い順位をとることが多々ありました。算数は得意だったのですが、国語はとても苦手でした。理科・社会もなかなか点数は伸びませんでした。〈ベーシックコース〉でも、それはほとんど変わりませんでした。〈ウルトラコース〉になると、国語の偏差値が五十をきることが多くなりましたが、理科・社会は少し安定してきました。算数は、〈ウルトラコース〉でも点数が下がることはありませんでした。

〈日進〉が〈ウルトラコース〉になってからは、〈日進〉の直しをできるだけ早くすることにしました。次に同じような問題が出ても解けるようにしました。

そして、洛北高附中の受検当日。ぼくはとても緊張していましたが、前日は寝ることができ、当日の朝も、いつも通りごはんを食べることができたので、良い状態で試験を受けることができました。

初めの試験は国語でした。大問一、二はわからない問題もなく、全て解くことができて良かったのですが、大問三の作文には自信がありませんでした。

しかし、理科・社会の試験は、予想していたよりも楽に解くことができ、気持ちが楽になりました。

最後の算数の試験では、最後の大問が立方体の問題ではなかったことに少しあせりましたが、なんとか全て解くことができました。

その後の面接では、順番が最後だったので、とてもつかれていましたが、面接のときは今までのことを思い出してのぞむことができ、うまく質問に答えることができました。

合格発表には、母と行きました。ぼくもとても緊張していましたが、母はぼくよりも緊張していました。母は、こんなにもぼくのことを大切に考えてくれていたのかと思いました。校舎の中で、ぼくはS先生と出会ったので、一緒に合格発表を見届けましたが、友だちと見ることはしませんでした。

受検番号が書かれた紙が見えるようになった瞬間にS先生は、

「やったやん!」

と言って、ぼくの背中をたたいてくれました。ぼくも自分の受検番号があるのを確認して、とても喜びました。母は、ぼくが合格したことを知ると、緊張が急になくなったのか、満面の笑みを浮かべていました。その後、父にぼくの合格を連絡すると、とても喜んでくれました。

ぼくが後輩に言いたいこと。それは、

「最後までやりぬくこと」

です。たとえ、初めの試験でほとんど解くことができなかったとしても、自分を信じて、最後の試験までがんばることです。そうすることで、良い結果につながると思います。

ぼくもこれから、苦しいことがあっても、最後までしっかりやりぬきたいと思います。

 

▼もっと見る

久米 駿佑くん(2017年)

進学校以外の合格校名

・高槻中学校 ・香川誠陵中学校

わたしの志は、
不治の病気を治す薬を作って患者の生活を支える薬学者になることです。
僕はこの中学受験を通して父、母、塾の先生方が支えてくださっていることを知りました。そこで病で助けを求めている人のために不治の病を治す薬を作って支えていきたいという志を持ちました。そこで僕は理科や算数などの理数系の問題を重点的に解いたり復習したりしました。これからは、できるだけ志に近づくために、つらくてもやり続ける忍耐力やするどい洞察力を中学、高校、大学で高めていく努力をします。

志に向かって

僕が成基学園に入塾したのは、四年生の四月頃でした。僕の友人のお兄さんが成基学園に通っていて、そこから受験というものを知り、受験に興味を持ったのがきっかけでした。入塾した時はA先生の理科の授業が印象に残っていて授業においていかれる心配はありませんでした。しかし、受験について深く考えていなかったように思います。

四年生のころから京都府立 洛北高等学校附属中学校を志望していました。僕の志は不治の病気を治す薬を作って患者の生活を支える薬学者になることです。薬学者は何か一つのことについて深く考えることが大切になってくると思うので、理科や算数に力を入れている学校に入ろうと洛北高附中を選びました。また、洛北高附中には洛北サイエンスという授業があり、自分の志とあてはまっていると思いました。洛北高附中にはオープンスクールと説明会で三回行きました。生徒の人がしてくださったポスターセッションでは、生徒の人が優しく洛北高附中に行きたいという気持ちが強くなりました。

そんな洛北高附中に合格するために、学校では勉強することによって生まれた悩みを外でおもいっきり遊んで解消したり、成基学園では毎日自習に行って分からないところは先生に質問したりして今の自分に必要なことを考えて行動しました。また、家では、『自主計画ワークブック』で目標や計画を立てたり、今まで日進でまちがえたところを復習したりしました。

その中でつらかった思い出があります。それは、僕は昔からケアレスミスが多くありましたが、四、五年生のころはあまり深く考えていませんでした。そして六年生になって〈日曜進学教室(日進)〉の〈ウルトラコース〉が始まったころ、円周率をきちんと見ずに計算してしまい、N先生に厳しくしかられました。そこからケアレスミスや苦手な単元である立体に力を入れ始めました。例えば、〈日進〉でまちがえた所を何回も復習したり、文章題では注意点にチェックを入れたり、とてもつらかったですが、また同じミスをするのはもっとつらいので地道な作業を続けました。すると今まで成績が浮き沈みしていたのが安定してケアレスミスも少なくなりました。

僕が受けてみてよかったのは〈日進〉です。その日の内に解答用紙が返ってくるので、自分の苦手な単元が分かるのでよかったです。でも一番受けてよかったと思っているのは六年生の夏休みに行われた〈夏期学習合宿(合宿)〉です。なぜなら〈合宿〉まではきちんとした勉強時間がとれていませんでしたが、〈合宿〉で一日中勉強しても僕は大丈夫だと自信を持てたからです。また、使ってみてよかった参考書は『フェルマー』です。なぜなら問題が単元ごとに分かれているので、〈日進〉での間違いを復習することができるからです。

あっという間で今までの力が出せるかが不安。そんなことを入試当日思いました。国語ではあまり時間がなく、作文がぎりぎりになってしまって焦りましたが、これをピンチと思わず教科が変わるたびに気持ちを切りかえて問題に臨むことができました。面接では練習で考えていなかったことも聞かれましたが、頭が真っ白になるのを抑えることができました。

合格したときはとにかくおどろきました。なぜなら、あまり自信がなかったからです。そして僕は受験を通してたくさんの人に支えられてきたのだと感謝の気持ちでいっぱいです。特に感謝したい人は両親です。なぜなら、毎日お弁当を作って応援してくれたり、家族のために夜遅くまで働いてくれたりして一番近くで僕を見守ってくれていたからです。

このような受験生活でうれしかったのはやっぱり、今まで分からなかった問題が先生に質問することで分かるようになったことです。たぶんそれは努力することで生まれたのだと思います。だから、これから受験をする後輩のみなさん、毎日こつこつと勉強をすると必ずその努力で培ってきた力は、本番で出すことができるので、油断したりせず目標に向かっていってください。

僕はまたスタートラインに立ったので、どんなかべにぶつかったりしても、今まで乗り越えてきたんだと思って志への距離を縮めていきたいです。今まで僕のことを支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 

▼もっと見る

受験録アーカイブ

2017年度までの受験録は、こちらからご覧いただけます。

FREE CALLフリーコール
0120-5783800120-578380

【受付時間】
10:30~20:00
日曜・祝日除く